優れた栄養素

日本ではいつからすっぽんは食べられている?

すっぽんは意外にも古くから食べられています。
では、どれほど昔から食べられているのでしょうか。
中国などでは3千年前から食べられていたと記述が残っています。

その中でもメスは繁殖用に残し、オスを食用にして食べていたようです。
現在でも食べることがありますが、高級料理となっていますので簡単に食べることは出来ません。
しかし、漢方の原料として使われていますので、そういった部分では広く親しまれているようです。

では日本ではどうでしょう。
調べによりますと、日本では縄文時代より食べられていたということが分かっています。
とても昔からですね。

その歴史は江戸時代まで続いています。
すっぽんは栄養素が豊富なものですから、昔から重宝されていたようです。
江戸時代からは、少しずつ今のようにすっぽんは滋養強壮に良いため男性の食べ物として食されるようになってきたそうです。

現在では、フランス料理でもすっぽんを使っているところもあるそうですので、すっぽんの栄養素や成分は世界でもお墨付きということですね。
また、すっぽんのコンソメスープは世界のグルメ通にもとても人気があるそうです。
見た目で食べないという方もいるようですが、食べてみると病み付きになってしまう美味しさがあるそうです。

このページの先頭へ